母親の偉大さ

母はよく働く人でした。
そして誰にでも優しく親切なひとでした。
いつも私のことを心配して気にかけてくれてることが結婚して32年たつにも関わらずお母さんの愛情が感じられました。
2年前に胃ガンになり全摘出手術をしました。

そのとき私が悩んでいたのは副鼻腔炎でしたが、自分の悩みがなんと小さいものだろうと感じられましたね。。
結局お茶でなんとかなるものでしたし。。(http://xn--t8jw14h7uuz2o6ectx1e.site

告知されたときは、なんでお母さんが~なんでもっと早くにわからなかったのか~悔しさと悲しみで胸がいっぱいでした。

でも前を向かないといけないので後悔はしたくなかったので、出来る限りお母さんの病院にいき付き添いました。
でもお母さんは手術の後のせん妄で以前のお母さんでなくなりました。
母が変貌する姿を受け止められなくて毎日心の中で泣いてました。そのせいか少しずつ認知がでるようになってきました。

しっかりしてたお母さんが変わっていく姿が受け止められなくて家に帰っても昔のお母さんのことばかりが思い出されて悲しかった。でも受け止めないといけないし、退院後のことを考えないといけないし日々過ぎていきました。

ディサービスの契約をかわしたり、病院の送り迎え
私にも生活があったけれど私が出来ることをお母さんにしてあげようと頑張ってきました。

退院後もお母さんは頑張ってましたが誤嚥性肺炎になって体調を崩して回復したかと思ったけれど突然眠るように病院で入院中意識をなくしてしまい、最後誰とも話も出来ないまま眠るように息をひきとりました。

お母さん、お母さんいくら叫んでも戻ってきてくれませんでした。
お母さんお疲れ様でした。家族のためにいつも働いてくれて、いっぱいの惜しまない愛情をありがとう。お母さんが私にしてきてくれた事、愛情を今私の子供たちに全部出来る自信はないです。
でも頑張ってみます。
お母さんは本当に偉大なお母さんでした。
いつこの悲しみがとけるかわからないけど、いつも私の心の中で生き続け、お母さんの様になれるよう頑張って生きていくので見守っていてね。
母親は子供にとって偉大な存在です。
後悔のないようすべての人にも親を大切にしてもらいたいと、親を亡くしてわかったことです。

まだ年老いた父がいるので、後悔のないよう過ごしていきたいです。